Aroma treatment

​アロマテラピーとは?

アロマとは芳香の意味で、

アロマテラピーは、

植物の花、葉、果実、根茎、樹脂などから抽出した100%天然の精油を利用した自然療法です。

その効能は、消毒・殺菌作用、鎮静作用、免疫系刺激作用など幅広く、年々、科学的にも解明されてきています。

それぞれの精油のもつ有効成分が私たちの嗅覚から直接感情を支配する大脳辺縁系へ、呼吸をすることで肺循環で体内へ、アロマトリートメントでは皮膚から体内へ入り、その小さな分子は私たちの自律神経やホルモンのバランスを整え、心身のケアに力を発揮します。

オイルトリートメントに精油を合わせることで、日々の心身のバランスの乱れを整えます。

​オススメの精油

ラベンダー

フローラルで穏やかな香りで、鎮静作用と高いリラックス効果があります。

抗感染作用も優れていて、泌尿器や生殖器系、呼吸器系の感染症に効果的です。

ローズマリー

草木のスッキリした香りです。強壮作用が期待でき、心身を温め、沈んだ気持ちを元気にしてくれそうです。深い悲しみを引きずっているときにぴったりです。

ゼラニウム

グリーンフローラルの甘くて強い香りです。精神のバランスを保つ作用が期待できるので、不安でソワソワする気分を落ち着かせたいときに向いています。

イランイラン

フローラルで甘い香りです。高い鎮静作用で心を落ち着かせリラックスするとともに、精神を高揚させ、楽しさや喜びの感情をもたらします。頭皮にもよく使用され、脱毛予防や髪の成長促進、頭皮の皮脂バランス調整に役立ちます。

クラリセージ

ビタースイートな草木の香りです。ホルモンを調整する作用が期待でき、生理前の気分の落ち込みにもおすすめです。筋肉を緩める作用もあるとされており、悲しみや緊張で凝り固まった体がほぐれ、リラックスできると言われています。

ユーカリ

強力な殺菌作用と抗ウイルス、抗炎症、解熱の作用が期待できます。風邪、熱、せき、のど、気管支の炎症改善におすすめです。

ティートリー

免疫系を刺激し、抗ウイルス、殺菌、消毒作用が期待できます。風邪やインフルエンザ予防にぴったりです。

ペパーミント

消毒作用が期待でき、呼吸器に働きかけるそうです。痰や鼻づまり解消におすすめです。

オレンジ・スイート

甘くフルーティな香りです。リラックスと高揚作用、浄化作用が期待できます。気分を明るくし、もやもやした頭をスッキリさせてくれます。

グレープフルーツ

自律神経を整え、生理前に増える食欲を抑えてくれると人気があります。血行やリンパの流れを良くすると言われ、脂肪燃焼やむくみ、セルライトの改善にもおすすめです。

レモングラス

感情の流れをスムーズにし疲れた心を元気に。

水溶性ビタミンAが沢山含まれているので、体液の循環をよくしてくれます。

消化器系に働きかけ、食欲不振や消化不良、過敏性腸症候群などにも効果的です。