Ginza Thai Traditional Massage

​タイ古式マッサージ

Thai Traditional Massage

What is Thai Traditional Massage?

タイ古式マッサージとは

タイ古式マッサージは

タイヨガマッサージとも呼ばれる独自の効果的なマッサージ療法で

  • 指圧

  • エネルギーバランスの調整

  • ストレッチ

  • アーユルヴェーダのボディワーク

  • ハタ・ヨガのテクニック

を組み合わせたものです。

身体・エネルギー・感情などの様々レベルで体と心のバランスを回復させ

人間本来の免疫力、自然治癒力を回復します。

柔軟性・リラクゼーション・エネルギーレベルを改善するだけでなく、

頭痛・呼吸器系疾患・便秘や下痢などの消化器系の不調・​肩こりを和らげます。

タイ古式マッサージの歴史

タイ古式マッサージのルーツは、インドの伝統ヨーガと仏教にあります。

のちにタイマッサージとなった技術は、約2500年前にインドから今日タイと呼ばれる地域に、タイ北部を統治するモン族が招いたインド仏教の僧侶と、アーユルヴェーダの医師によってもたらせました。

​その時からタイマッサージはタイ伝統医学の一部となったのです。

タイ古式マッサージの種類

今日、タイで行われているタイ古式マッサージには、

​北部式(チェンマイスタイル)と南部式(バンコクスタイル)の2種類あります。

信奉する原理は同じですが、重点を置くところがやや異なります。

北部式タイマッサージはタイ北部の山岳地帯で発展したもので、

足を使う方法と動的なゆったりとした呼吸に合わせた心地よいストレッチに​特に重点を置いています。

サロンカスバでは北部式のタイ古式マッサージを行います。

タイ古式マッサージの実際

コリのひどい部分だけをマッサージしても、筋肉を包み込む筋膜まではリリースすることができず、また身体全体の体液の循環も改善されないため、せっかくほぐれた部分もすぐに元に戻ってしまいます。

タイマッサージでは独特のゆったりとしたリズムとさまざま技法で、深く丁寧にゆっくりと呼吸に合わせてストレッチで全身をくまなくほぐし、独特のSENと呼ばれる生命エネルギーに沿ってゆったりとしたリズムでタッチしていきことにより

筋肉の柔軟性を高め、血行やリンパ液の流れがスムーズになり、人間が本来持っている自然治癒力を高め、体質改善につながります。

SEN

タイ古式マッサージの基礎をなす東洋哲学によれば、

体は、プラーナ(生命エネルギー)が

エネルギー・ライン(相互に連絡しあうクモの巣のようなもの)を流れ、

これが人体のあらゆる生命機能を支え、維持する力となっています。

このエネルギーが滞りなく流れるときには健康状態を保つことができますが、

エネルギー・ラインが塞がれプラーナの流れが妨げられると、

体全体の混乱とアンバランスさにつながります。

タイ古式マッサージでは、その独自の効果的な手技でエネルギー・ラインを活性化させ

​全身にエネルギーが滞りなく流れるようにすることで本来あるべきな健康な状態へと導きます。

Breath

Energy

Physical

Emotion